トランクルーム活用で自宅スペースを広々と

バナー

トランクルーム活用で自宅スペースを広々と

厳しい日本の住宅事情。
高い土地、狭い我が家、増えるばかりの荷物の収納が追いつかず苦悩している方も多いのではないでしょうか。

特に、お子様が産まれるとその成長と共に、幼稚園や学校の荷物や学用品関係の荷物があっという間に増えてしまいますよね。

これらの学用品は、意外にかさばるものですが、子供はすぐに大きくなってしまうもの。

特に、可愛い時期の子供ががんばって制作した作品などは、手放して処分してしまうには、すこし寂しいような気もします。そんなときは、トランクルームを活用してみてはいかがでしょうか。


トランクルームとは、自宅の収納代わりとして使える倉庫のようなスペースのことです。
最近は、このトランクルーム・スペースを提供してくれるサービスを行っている業者がたくさんあって、話題となっているのです。

「大切な思い出の品だけれど、いつでも使うわけではないし…処分しきれず、収納にも困っている」…まさに子供たちの過去の作品や学用品などのような荷物の、ぴったりの収納場所とも言えるのではないでしょうか。

トランクルームなら、業者が荷物の保管を徹底して管理してくれているので、大切な思い出の詰まった荷物でも安心です。

また、倉庫設備内の温度や湿度にも注意が払われているため、むしろ自宅の押入れなどよりも紙などの保管においては適しているとも言うことが出来ます。

トランクルームは他にも、工夫とアイディア次第でたくさんの活用方法があります。
例えば、雛人形や五月人形などの節句行事でしか使わないものや、スキー・スノーボード用品、バーベキュー用具などの、年に数回のイベントでしか使わない道具類などのように、使うシーズンが決まっている物は、年に数回しか取り出さない割りにはかさばって、収納スペースの幅を取っているものが多いかと思います。

このようなものをトランクルームに収納することで、驚くほど住居スペースを広く使うことが出来るようになるのです。

トランクルームは元々企業が普段使用しない書類や機械などを一時的に保管する事を目的に使用される事が多かったのですが、最近では趣味で集めていたコレクションが貯まってしまい家の中に入りきれなくなってしまったり、レジャー用品などの一定の期間しか使用しないものをどこかに片付けたいといった理由から個人でトランクルームを使用する事が増えてきました。

トランクルームは大きく分けて2つのサービス形態があります。

トランクルームとレンタル収納スペースです。

この2つにはいくつかの違いがあります。
トランクルームは倉庫業法に基づき国土交通大臣の認可を受けた専門の倉庫業者によって経営され、倉庫で物品を保管します。

倉庫業法では他人から物品を預かり、その荷物を管理する事を義務付けるよう定めています。

つまりトランクルームを経営する業者は依頼主から預かった物品を適正に管理し、破損や異常が起きないようにする義務を負っているのです。
依頼主は業者と物品を預かる契約(寄託契約)を結び、物品の預かり料を支払います。
保管された物品は業者の管理下に置かれ、出し入れの際は業者の立会いが必要になります。


その関係上物品の出し入れは業者の営業時間内に限られます。
業者は預かった物品を保全する義務を負いますので、万が一物品に異常があった場合は保証されます。

一方、レンタル収納スペースは主に不動産業者が経営する不動産賃貸借契約に基づくサービスです。


簡単に言えば物品を入れるスペースを借りるサービスです。

依頼主はレンタル収納スペースの業者と賃貸契約を結び、スペースの広さや設備に応じた料金を支払います。


多くの場合スペースは仕切りによって区分けされ、スペースの物品は自由に出し入れできます。
また、レンタル収納スペースの多くは24時間営業なのでいつでも利用できます。

あくまでスペースを貸すだけなので、物品にもしものことがあっても保証はありませんが、多くの場合警備会社のセキュリティーを設けています。

この他業者によって設備の内容やセキュリティーの種類などに違いがありますので、複数の業者を比較して自分の目的に合ったトランクルームを選ぶ事が大切です。

http://m3q.jp/t/120
http://tsutaya.tsite.jp/feature/music/summerdrive/index
http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=MP1590339

知って大満足の宮古島のレンタカーが最近こちらで話題になりました。







那覇空港のレンタカー情報の差に驚きました。

Copyright (C) 2016 トランクルーム活用で自宅スペースを広々と All Rights Reserved.